スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IDケース(入館証入れ)

現在の職場で配布されているIDケース(ナイロン製?)が傷んできて、クリップからよく外れるようになってしまったので、革で作ってみました。前から作りたかったものの一つです。

作成後、写真を撮るタイミングがなく、使用2週後となってしまいましたが・・
lc010_008s.jpg

裏側から、IDカードを入れる口があり、その他のカード(食堂のプリペイドカードなど)を入れる、ポケットもつけてあります。
lc010_009s.jpg

現在の職場では、ストラップは専用の物を使う必要があり、クリップごと代えたかったのですが、クリップを外そうとすると、ストラップを傷めてしまいそうだったので、今のクリップに合わせた形状となるよう、穴をあけることにしました(クリップが変わると使えません・・^^;)
lc010_010.jpg

2週間程経ちますが使用感はまずまずです。
クリップから外れやすいかと心配していましたが特に問題なく使用できています。
ただ、ポケットの位置というか、大きさがイマイチで、カードが取りにくいなという感じもありますので、また今度違った形で作ってみたいと思います。



<作業工程>

レザークラフトをする度に、作成途中を残そうと思いつつ、いつもできていなかったので、今回は途中の写真も撮りました。(結局、作るのに夢中になってしまい、あまり撮れていませんが・・)

型紙の作成と、革の下準備がすんだところです。
作成中に銀面(表)を汚してしまうことが多いので、最初からミンクオイルを少し塗るようにしています。
型紙はルーズリーフなどが多いです。
lc010_001s.jpg

型の頂点に合わせて菱ギリで印を付けていきます。
lc010_002s.jpg

定規で、裁ち線、縫い線を引きます。
縫い線は、「ねじネン」などを使うのが正しいのでしょうが、私は持っていないため、菱ギリを代用しています。(革が切れてしまわないように気をつける必要があります)
lc010_003s.jpg

本断ち、穴あけをしたパーツです。
小物なので、張り合わせたあとに、穴あける方が楽なのかもしれませんが、何度か失敗した経験があるので、1枚ずつあけるようにしています。
lc010_004s.jpg

IDカード用のの窓となる、プラスチック(ナイロン?)の板を貼り付けます。(100円均一で購入)
lc010_005s.jpg

ボンドで張り合わせます。
lc010_006s.jpg

ようやく縫いの工程です。
lc010_007s.jpg


以降、コバの処理になりますが、写真は撮ってません・・

テーマ : レザークラフト
ジャンル : 趣味・実用

カードケース

久しぶりのレザークラフトです。

今回は、プレゼント用にカードケースを作成してみました。
lc009_01s.jpg


手帳カバーのように、ファイルタイプのものを使用したものとしています。
lc009_02s.jpg


ベースとなるケースは100円均一で購入したもので、ポケットは10個あります。
カバー(革の部分)に差し込む部分の強度が弱く、それを補強する必要がありました。
安く済ませようとした分、逆に手間がかかってしまいましたね・・
lc009_04s.jpg


各ポケットに2枚ずつ入れた状態です(合計20枚)。
lc009_05s.jpg






テーマ : レザークラフト
ジャンル : 趣味・実用

小銭入れ

久しぶりのレザークラフトです。
父の日のプレゼントとして作成しました。
lc008_01s.jpg


JapanLeathersさんで購入した「JLHサドルレザー(ナチュラル/0.8mm)」と「JLサドルレザー(黒/1.2mm)」を使用し、形は前回と同様にボックスタイプとしています。
lc008_02s.jpg


lc008_04s.jpg
糸は黒色を使用しましたが、生成り色にはやはり白が合うなと思いました。異なる色の革を合わせる場合の糸の色は選ぶのが難しいですね。



lc008_05s.jpg
黒のレザーは初めてでしたが、コバは軽く磨くだけでとてもキレイに仕上がりました。

lc008_09s.jpg
小銭入れだけというのもなんか物足りない気がしたので、ハンカチをセットにしてプレゼントとしました。「父の日」には間に合いませんでしたが・・・

テーマ : レザークラフト
ジャンル : 趣味・実用

マネークリップホルダー 試作1(ポケット追加)

以前作成したマネークリップホルダーにポケットを追加しました。
理由としては、やはりカードを保持する機能がないと実用的でないと実感したため。


カード入れの他に、領収書やお釣の紙幣を挟むためのパーツもついでにつけてみました。
rc008_01s.jpg


ズボンの後ろポケットに入れるため、汚れを拭く⇒ミンクオイルを引くの繰り返しで結構変色してきています。(写真ではわかりにくいかも・・・)
rc008_02s.jpg

テーマ : レザークラフト
ジャンル : 趣味・実用

ダーツケース試作1

レザークラフトを始めたきっかけであるダーツケース。

私が求めるダーツケースとは
1.シンプルなデザイン
 金具(ボタン、ファスナー)はできるだけ少なめで作りたい
 デッドスペースもできるだけなくしたデザインとしたい

2.できるだけコンパクトであること(特に厚さ)
 通勤のカバン内に入れることも多いため、できるだけ薄いものとしたい

3.メインのダーツはシャフト、フライトをセットしたまま収納可能
 ダーツの一部が露出しないデザインとしたい。

4.収納できるグッズは以下のようなもの
 ・バレル(できれば2セット)
 ・フライト2セット
 ・シャフト3~5本
 ・カード2~3枚
 ・チップ20~40本
 ・シャフトリング、クラウンリングなど


これらを満たすためデザインを、あーでもないこーでもないと紙での試作を繰り返し、最終的にたどり着いた形がこれです。
rc007_01s.jpg


2と3を実現するために、市販されているハードタイプのケースを使用することにしました。
(BOTTLESENの「DART MASTER」が欲しかったが、近くのダーツショップで購入した「PATENT BOX 」という商品を使用)
この状態では、全て革製のダーツケースとは言えませんが、現在の私の見た目・デザインの好み、及び使用方法を考慮した結果はこうなりました。
rc007_02s.jpg

基本的な形状としては折りたたみタイプ。二つ折りの財布のような形です。
これをハードケースに挟み込むようにして装着します。
rc007_03s.jpg
rc007_04s.jpg

収納しているグッズです。収納力の要件はおおよそ満たしています。
バレルが1セットとなっていますが、シャフトを入れている箇所にバレルを収納することで、ハードケースに入れるものも含めて2セットとなります。
rc007_05s.jpg


また、ハードケースを使用しない場合も、単体での機能も十分なものとなっています。

<収納前>
rc007_06s.jpg

<収納後>
フライトは一つのポケットに2セットのフライトを収納できます。私は予備のフライトとしては、2セットもあれば十分なので、それぞれのポケットに1セットずつ収納します。
シャフトを入れてある箇所については、抜け落ちやすい事がわかったので改善の余地有り
rc007_07s.jpg

落下防止のためのパーツも付けてあります。特殊な形状(極小なものとか)のバレルでなければ、飛び出したりする事はないと思います。
ハードダーツも入れられるよう、ソフトのバレルでもチップを付けた状態で収納することを想定しています。
rc007_08s.jpg

裏側からカードを差し入れる口があります
rc007_09s.jpg

このように差し入れて
rc007_10s.jpg

バレルマガジン(←勝手に命名)をセットすることもできます
rc007_11s.jpg



一番悩んだのはチップの収納です。
収納するポケットにマチを作ったりすると、厚さが増してしまいます。よって、収納力は低くなることに目をつぶり、このようなデザインとしました。現状で20本程度は十分に入りますが、革が馴染んですこし柔らかくなればもう少し多めに入れられると思っています。
rc007_12s.jpg


カードはこちら側からも入れることができます
rc007_13s.jpg


rc007_14s.jpg

rc007_15s.jpg

カラビナ、その他のグッズをかけられるよう、金具をつけてます。
rc007_16s.jpg

折りたたんだ状態でも指を差し入れる事で、チップを取り出す事が出来ます。
rc007_17s.jpg

また、このようにセッティングしたダーツをそのまま入れて持ち運ぶ事も可能(よくあるタイプですね)
rc007_18s.jpg
rc007_19s.jpg


今回は、とても丁寧に作成したので、出来上がりにはそれなりに満足しています。
しかし、相当考え抜いてから作成に至ったにもかかわらず、途中でデザインを変更してみたり、もうすでに使用に関して使いにくい部分が見えているので、まだまだ改良していく必要があると実感しました。

テーマ : レザークラフト
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

K5

Author:K5

カテゴリ
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。