スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RAW現像

今まで撮影時の保存はJPEGばかりでしたが、
RAWで撮影して現像することを始めました。

ソフトはとりあえず標準の「PENTAX Digital Camera Utility 4」を使用。
勉強もせず、分からないままいろいろと設定をいじっているだけですが結構楽しいです♪


元画像 (撮影時のまま)

20111106_04.jpg
PENTAX K-x / レンズ:FA50mmF1.4) / 絞り優先AE(F2.5、1/800秒) /
ISO 200 / WB:オート / 露出補正 0.0 / RAW現像





RAW現像した写真

20111106_05.jpg
PENTAX K-x / レンズ:FA50mmF1.4) / 絞り優先AE(F2.5、1/800秒) /
ISO 200 / WB:オート / 露出補正 0.0 / RAW現像



ホワイトバランスをあまり気にし過ぎることなく撮影できること、
現像の作業で撮影時の復習をできることが現像のいいところですね。

ゆっくりと楽しみながら覚えていこうと思います♪
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 写真
ジャンル : 趣味・実用

tag : k-x カメラ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

RAW現像って初めて聞いた~
これで撮る事でのメリットがまださっぱり理解ができません。。。w

でも写真はずっと残るものだから、出来る限りいい写真を撮りたいねぇ

Re: No title

RAWデータは「カメラ内で画像処理をほとんどしておらず、「生」に近い状態で保存したファイル。」

色や明るさなどを自分の好みに後から編集できることがメリット(JPEGで撮った画像も編集は出来るけど、画質の劣化が発生する。)で、デメリットとしてはファイルサイズが大きくなること、対応のソフトじゃないと表示が出来ないこととか。


撮影してみて色や明るさが違う場合とか、シャッターチャンスが限られていて失敗を減らしたい時に使ってみたらいいかと。。

プロフィール

K5

Author:K5

カテゴリ
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。